フィニッシュの形にスイング良し悪しが現れる

スイング良し悪しはフィニッシュの形に現れるのをご存じですが?
そもそもゴルフの理想のフィニッシュとは、トップスイングと左右対称になっていることです。

 

 

つまり、トップでは右足に体重が乗り、右耳の上にグリップが納まっていたのが、フフィニッシュでは右足から左足に移って、180度右に回した位置が正しいベストなフィニッシュのポジションと言えるんですね。

 

 

そして、ダウンスイングからフォロースルにかけてボディターンがが正しく行われ、右から左に重心移動がスムーズになれば、体がふらついたりすることなく立っていられるのです。

 

 

逆にフィッシュの体勢が崩れるようなら、スイングのどこかに無理があるということになります。
つまり、フィニッシュの形にスイング良し悪しが現れると言え、スコアを縮め100を切る為にはフィッシュをしっかり決めることが大切になってくるとも言えるのです。

 

 

ですが、ボディターンと腕の振りとのバランスが崩れてしまうと、スイング軸もぶれて足も動いて正しいフィッシュがとれなくなってしまいます。
とかくアマチュアゴルファーの方は、テイクバックの方に意識がいってしまいがちになりますが、それは間違いです。

 

 

終わりよければ全て良しということわざがあるように、最後のフィッシュの形がしっかり決まれば、ナイスショットに繋がるのです。

 

 

このPGAティーチングプロ 久田哲生&川上知人のゴルフ100切りを初心者からでも3か月で達成するゴルフ・パーフェクトマスタープログラムDVDでは、ボールをより遠くへ、真っ直ぐ飛ばす為の身体のひねり方(捻転)、体重移動の仕方、フィッシュの取り方も学ねるので、しっかち取り組めば飛距離も伸び、方向性も安定してくるでしょう。

 

テイクバックよりフィニッシュが大事

 

100切りゴルフ・パーフェクトマスタープログラムの詳細を見てみる