アドレス時は土踏まずに体重をかけよう

ゴルフのアドレス時は土踏まずに体重をかけると良いですね。
何故なら、ゴルフクラブを振る元とるのは首の付け根になるので、前傾姿勢で土踏まずよりやや前に体重をかけるようにした方が、ボールに体重が乗って重いボールが打てるからです。

 

 

ゴルフも飛ばす時にはパワーが必要になり、その為には土踏まずより少し前に体重を乗せておいたほうが良いでしょう。
力がある人ならともかく、一般のゴルファーが踵に体重をかけて打つと、ボールに体重が乗らないので軽いボールになってしまい、舞いあがるようになることが多くなります。

 

 

例えば、陸上競技の短距離走のスタートでも、踵に体重を乗せていては、スタートダッシュが遅れてしまいますよね。
それと同じで、ゴルフでもスイングが鈍くなってしまうのです。

 

 

したがって、アドレスした時には、背筋を真っ直ぐにして、上体を少しだけ前に傾けるようにして構えれば良いでしょう
この時には、膝を少し前に出して、坂道を上がる時のように足首の角度をつけるようにしておくようにすれば、自然と土踏まずより前に体重が掛かり、太ももの裏にハリを感じるようになるでしょう。

 

 

いずれにしても、失敗が多い人ほどアドレスを軽視し、上手い人ほどこの重要性に気がついています。

 

 

このPGAティーチングプロ 久田哲生&川上知人のゴルフ100切りを初心者からでも3か月で達成するゴルフ・パーフェクトマスタープログラムDVDでは、理想的なアドレスを作れるようになり、見た目もかっこいい理想的なスイングができるようになり、飛距離も方向性も格段に良くなるでしょう。

 

骨盤を意識した正しいアドレスをお教えします!

 

100切りゴルフ・パーフェクトマスタープログラムの詳細を見てみる